癌末期のステージ4|治療の選択や痛みの緩和

骨の癌

病院

近年、ドラマなどでよく取り上げられるようになっている骨肉腫という癌の一種があります。骨肉腫の特徴として、発症する世代が20代に達していない人たちが殆どだということです。若い世代に、発症しやすい骨肉腫は身体の成長の痛みと勘違いされる場合もあるため骨肉腫は見落とされる可能性が高い病気です。そのため、痛みが酷くなった場合や長く続いている場合は整形外科の診断を行なうことが骨肉腫を見逃さない唯一の方法といえるでしょう。痛みを安易に考えず、病院で診察することが大切です。骨肉腫は、骨にできる癌です。骨は、血液やリンパが数多く通っています。そのため、癌の転移も早いと言われています。血液やリンパに乗って癌が移動するため肺に転院する可能性が非常に高いのが骨肉腫の怖いところです。

骨肉腫は、骨と骨の繋ぎ目関節にできやすい癌です。そのため、膝や肘にできる場合があります。以前までの治療法だと、手術によって癌に侵された手足を切断するという方法が用いられてきました。ですが、現在ではなるべく手足を残せるように極小な範囲で癌に侵された骨を切除して、人工の骨または自分自身の骨を使って骨を形成する手術が行われています。しかし、この方法も癌の3大治療法である化学療法の効果が高く見られる場合に限ります。ですが、それでも早期発見された場合の生存率は非常に高くなってきています。迅速に、この骨肉腫を排除して肺に転移をさせないことが重要となってくるでしょう。