癌末期のステージ4|治療の選択や痛みの緩和

骨の癌

病院

骨にできた癌を、骨肉腫といいます。骨肉腫は、20代未満の時代に起きやすいと言われています。血管やリンパに近いため、それに乗って肺に転移する確率も高く早めの治療が必要になってきます。

More Detail

生まれつきの病気

カウンセリング

脳動静脈奇形は、生まれつき動脈と静脈がつながってしまっている状態で静脈の壁は薄く動脈の圧力に耐えられないで出血を起こす場合があります。それを防ぎためにも、様々な治療法があります。

More Detail

大掛かりな病気

案内

胆のうがんの手術は、十二指腸や胃を切除してしまう場合もあります。また、黄疸がでてしまった場合は先にそれを回復させなくてはいけません。そのため、手術を行なうまでにも時間がかかってしまう可能性があります。

More Detail

癌の最終ステージ

入院

癌という病気は、多くの人が耳にしたことある病気でしょう。癌は、進行性の病気です。そのため、癌の進行度合いを表しているステージという言葉があります。ステージには1から4まで存在しておりステージ1は癌初期の頃を表しています。反対にステージ4は、癌の治療が困難で今後の治療方針や痛みを緩和するだけの治療になってきてしまう場合があります。ステージ4の癌は、身体中に転移が見られ外的手術によって排除が難しい状態です。しかし、末期癌であるからといって癌の治療を諦めることはありません。確かに、全身に転移などがある場合は強いショックも受け癌と戦うための気力も失いがちです。ですが、末期癌の状態から癌に打ち勝った人も少なからずいます。そのため、末期状態でも諦めること無く最善の治療方法を選んでいくことが大切です。

癌がステージ4と診断されると、患者自身大きなショックを受けてしまいます。そこで、大切なのは家族が支えていくことです。末期癌と診断された患者が、うつ病となるケースも少くありません。そのため、家族は患者に孤独を感じさせないことが末期癌と向き合う第一歩となります。うつ状態では、まともな治療も開始することができません。末期癌でも、何十年と癌と向き合って生き続けている人もなかにはいるため、末期癌の状態でも諦めることはありません。ですので、家族が患者を支えてあげることが大切です。他人では、踏み込めない領域があるため家族が側にいいてあげるのが末期癌に向き合う第一歩と言えるでしょう。